本日は朝の7時前にフィールドに着きましたが、夏が過ぎてから一番の
水温低下(本湖は9度代)の様子で、低活性のスタートでした。
サイズでは小型が多く掛かり、魚の移動が少ないのか一箇所当たりの
数が少なかったですが、10センチUPのマタナゴが掛かり気分一新です。

釣り仲間のK・Mさんが通り掛かり、合流で確認作業をしますが途中で分
かれて、互いに別の場所の確認です。お昼は北浦大橋白浜寄りにある、
泉食堂で頂きました。11時から14時頃で営業は終了ですが、K・Mさんは
始めて入るお店で美味しさと量に納得しておりました。

午後は、又別の場所の確認に移動します。入った場所は障害物が少ない
場所ですが、K・Mさんはバッチリ魚を確認します。私も何箇所か確認して、
そのエリアで一番深い場所にたどり着き、後は入れ食いモードですが、少し
時間が経過するとフナの猛攻になり、グルテンから黄身練りに変えてアカヒ
レタビラに戻りました。

K・Mさんに来たグッドサイズのマタナゴです。

変わったメスアカヒレタビラが掛かりました、今の時期にお腹が大きいので
す。春産卵型タナゴが今の時期に産卵管は伸びてはいないので、消化不
良の内臓障害で膨れているのかもしれません。

夕日が綺麗なので明日も天気は良さそうです。

戻る