本日は最初に川から確認しますが、魚の気配が無いので深いスポットへ
移動します。タナ1.8メートルで確認をします。この場所では7時から8時ま
で確認しました。開始後早々に、9センチクラスのヤリタナゴが掛かります。

同じ場所で、10センチクラスのマタナゴも掛かりました。

この場所では、普通サイズのヤリタナゴ40パーセントに残りマタナゴ・アカヒレタビラが
掛かる程度で外道は少ないでした。

その後、川の水温上昇を見込んで、何箇所か確認しますが気配が薄いです。
久しぶりにI・Iさんより川カネヒラが掛かったと連絡が入り、1時間程移動します。

時間が経過していることと、容器の色の関係で色は抜け気味ですが、7センチ
クラスの川カネヒラでした。水深60センチのトロ場で掛かったとの事です。

大変ヤリタナゴの濃いエリアです、10センチクラスが当たり前の様に掛かります。
竿は3.9メートルを使い、濁りが増すに従い3メートルに変更して楽しめました。

釣り上げて直ぐに撮影すれば、綺麗な色合を撮影できます。

戻る