朝早くから電話で起こされて呼び出しです。
兄貴が午前2時に54センチのバスゲットで眠いです・・・

小型ですが、色が綺麗なタイリクバラタナゴいいですね。続けてもマタナゴ
と小型のアカヒレタビラが疎らに掛かる程度なので移動します。

移動途中で会ったK・Gさんは、8センチクラスのタイリクバラタナゴを既に
何匹か釣り上げていました。この場所は、二週間前までは魚の気配が無
い場所で、先週確認したらマタナゴを数釣り出来て、本日はグッドサイズタ
イリクバラタナゴに変わったとの事です。変化に富んでいますね・・・
水温上昇で、移動が激しくなっているようです。
脇に入らせていただき、20センチクラスのフナを抜きあげましたが、針を外
す時に軽くお腹を持つとタマゴが出てきました。

メスタイリクバラタナゴも産卵管が結構伸びてきました、
右のメスマタナゴの産卵管の長さには驚きました。産卵真っ最中の感じです。
撮影後は元の場所にリリースです。

お昼前に分かれてからは、川の確認に移動します。川岸を歩きながら良さそうな
場所で竿を出しますが、警戒心が強かったり雑魚が多かったりと思ったようには
行きません。何箇所か移動した場所で、足元にはタンポポと近くに咲くコブシで季
節を感じます。

川の深場1メートルで掛かった、アカヒレタビラです。透明度が高い事と警
戒心が強いので、掛けるのに時間を要しました。

何箇所か移動して、川幅が2メートル程の流れの緩い場所で竿を出して
確認します。ヤリタナゴが何匹か掛かりますが、サイズ数共に少ないので
移動を考えながら探っているところに来た10センチのオスカネヒラです。
傷も無く綺麗な個体です、良く見ると食欲が有るようで撮影中に糞をしてます。

戻る