朝6時半にフィーヘルドに到着し、タナ1.2メートルでホソを確認し
ます。風は無いのですが、流れも無く当たりは疎らです。7時半に
は当たりが遠のき、近辺を細かく探ります。但し、部分的に水面が
結氷しています。ホソを前後2キロ近く探り水深50セントと70セン
チ程で反応がありました。一日中風が無いので、小さな当たりも取
り易く、狭いピンスポットに楽に仕掛けを投入する事が出来たので
、釣り日和でした。

午後の2時半過ぎには当たりも遠のき、3時過ぎには納竿して撮
影の準備をしていると、K・Mさんが通りかかり、釣果合同で撮影す
る事になりました。今回の写真は、全てK・Mさんの素晴らしいカメ
ラで撮影したものです。


午前中にT・Yさんがホソでヤリタナゴオスを黄身練で二匹掛けて
いたので、私も狙っていたのですが、遥かに離れた場所で掛かっ
た、ヤリタナゴオスです。

8〜9センチのマタナゴです、小型は他に数匹掛かりました。

アカヒレタビラに混じって掛かったタイリクバラタナゴです。大きさの
割には未だ背びれに斑点が残っている固体もいました。

選抜したアカヒレタビラです、釣れた場所で色に違いがあります。
濃い色合いは透明度の高い場所で掛かった個体です。

アカヒレタビラの集合写真です。数は150匹位でしょうか。

戻る