遅い出発で、フィールドには9時に到着です。本湖を確認すると掛
かるのはヤマベばかりで、タナゴは掛かりません。タナ50センチの
場所に移動します。時間経過と共に魚がヒラウチを始めます。浮き
に当たりがハッキリ出るようになって来ました。

竿は85センチを使い、餌は黄身練で、掛かった内容は下記の通り
です。タイリクバラタナゴは5割程です。タナ50センチ〜20センチま
で何処でも掛かります。

ヤリタナゴが1割程混じりました。

掛かった中では、良いサイズのマタナゴです。

残りは、3.5割がマタナゴで他はアカヒレタビラでした。

一箇所で4種類のタナゴが掛かる場所は珍しいですが、サイズア
ップが望めないので、大幅に場所を変えます。

移動先では、K・Mさんが今年初物のオスカネヒラをゲットしていま
した。竿は3メートル・餌はグルテンで掛けたとの事です。オメデト
ウで握手ですが、何故か何時も先を越されています・・・

9.5センチのヤリタナゴです、コンディションが大変良く太さはフナ
並みでした。

グッドサイズ選抜のヤリタナゴ集合写真です。クリアーな場所で
は個体の色が濃いです。

戻る