朝一は、平場から確認します。最初に掛かったのはオオタナゴで
した。昨年までは、掛からないエリアでしたので、生息範囲を広め
ています。

同じ場所で掛かった、アカヒレタビラです。

その後は、オオタナゴが多く掛かるので、場所をホソに変更します。
久々に、8センチのタイリクバラタナゴか来ました。

少し流れの早い場所で掛かった、ヤリタナゴです。

更に流れの早いホソに場所を変更します。既にK・Mさんが竿を出
しています。水深30センチ弱ですが、程好く濁りが入っている感じ
です。岸沿いにオスが縄張りを持って居るようで、狙ってオスを釣
る事が出来る場所です。婚姻色の見事なマタナゴです。メスマタナ
ゴは午前中に1匹掛かるだけでした。

30分後にはA・Yさんも来ました。釣り仲間、午前中2時間のオス
マタナゴ釣果です。

この場所で、メインに掛かるのはアカヒレタビラです。体高がある
グッドコンディションな個体です。

過去に今の時期、ホソでこれだけ纏まってオスアカヒレタビラを釣
り上げた事は無いです。

午前中は、黄身練餌の脈釣りでしたが、午後はパワーベイトに替
えて、ヒット率の確認をします。本日のコンディションでは、パワー
ベイトは浮き流し釣りに多く掛かって来ました。少し大きめの針に
付けて、楽に10匹は釣れ続きます。川底に障害物が多くあり、広
く探る場合には、大変重宝するアイテムです。午後も午前中と同じ
位の数が出ました。

オスが多く掛かった川底を確認すると、イシ貝・ドブ貝の稚貝が多
く生息していました。(左イシ貝・右ドブ貝)真ん中は蛍の餌になる、
カワニナです。

戻る