事情があり暫らく釣行できませんでした。心配していただいた方々
には深く感謝申し上げます。釣行を再開することができるようにな
りましたので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

7時過ぎに風表側の湖畔に立ちます。長めのハリスにアカムシ餌
で水深70センチの駆け上がりを確認して行きます。直ぐにオスの
アカヒレタビラが掛かりましたが、オオタナゴが掛かってからは当
たりが遠のきました。

クチボソも今の時期は婚姻色が綺麗です。約30分で次の場所へ
移動します。

風裏側の浅い場所で、ヒラウチを確認しながら数ヶ所移動します。
黄身練にタナ10センチで掛かったタイリクバラタナゴです。反応が
あった他の場所でも同じ様な状況でした。

湖岸道路沿いの何箇所かでは、色鮮やかに花が満開です。

ヤリタナゴを確認するため、お昼前に川へ移動します。掛かってく
るのはメスヤリタナゴが殆どです。小型が多いですが、オスヤリタ
ナゴの集合写真です。

流れの速い淀みでタナ30cmほどのシェードで掛かった綺麗なメスカネヒラです。

ハッキリしませんが、こんな個体も掛かりました・・・

メスヤリタナゴが纏まって掛かる場所が多いのですが、
産卵行動の縄張りに仕掛けを流して掛かったオスヤリタナゴです。

戻る